686円 Someday My Prince Will Come ミュージック ジャズ・フュージョン ビバップ Someday My Prince Come お中元 Will Someday My Prince Come お中元 Will /jelliedness1129912.html,www.rusk.biz,ミュージック , ジャズ・フュージョン , ビバップ,Prince,Someday,Come,Will,My,686円 686円 Someday My Prince Will Come ミュージック ジャズ・フュージョン ビバップ /jelliedness1129912.html,www.rusk.biz,ミュージック , ジャズ・フュージョン , ビバップ,Prince,Someday,Come,Will,My,686円

Someday My 70%OFFアウトレット Prince Come お中元 Will

Someday My Prince Will Come

686円

Someday My Prince Will Come

商品の説明

Amazonレビュー

『Someday My Prince Will Come』(邦題『サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム』)を生み出したセッションがようやく復元されて1枚のCDに集められ、この時期のマイルス・デイビスのバンドの性格の変遷が以前より明らかになった。ハンク・モブリーはブルース寄りのみごとなテナー・ソロを生み出している。しかし、ゲストのジョン・コルトレーン(これがデイビスとの最後のレコーディング)による別バージョンのタイトル曲やモーダルな「Teo」(邦題「テオ」)を聴くと、デイビスが不満だった理由がよくわかる。コルトレーンは当時のほかのサックス奏者が持ち得なかった自信と虚勢を持って演奏しており、最初の音からバンドを高揚させている。さらにフィリー・ジョー・ジョーンズが加わって「Blues No.2」(邦題「ブルースNo.2」)で明瞭で変化に富んだ演奏を聴かせると、マイルス・グループの調子が今ひとつであるのがわかるだろう。それでもウィントン・ケリーの演奏は終始落ち着いている。「Pfrancing」(邦題「プフランシング」)はデイビスの最高にチャーミングで息の長い作品のひとつだし、「Old Folks」(邦題「オールド・フォークス」)と「I Thought About You」(邦題「アイ・ソート・アバウト・ユー」)のミュートトランペットは円熟の域に達している。デイビスの必須アルバムではないかもしれないが、とても楽しめるアルバムではある。(John F. Szwed, Amazon.com)

Someday My Prince Will Come


製品ラインナップ
ウェブカタログ

新製品情報

一覧を見る

ニュース&モータースポーツ情報

ページトップ
サイトマップ

Copyright (c) CUSCO Japan co.,ltd. All Rights reserved.