らすくは「もったいない」エコから生まれた

エコラスク

ラスクとは、パンを2度焼きするのが定義です

殆どのパンをラスクにすることが出来ます。写真手前左はあんぱんです。

フランスが発祥とされていますが、パンを食べる多くの国に存在します。

作りすぎてしまったパンや、硬くなってしまったパンを「もったいないから、再加工して食べよう」として生まれたものです。

無駄が無く、保存食にもなり大変重宝なので一番のエコパンとして、古来愛され、重宝してきました。

今はそれが進化して、スイーツとしてのラスクも生まれています。

ご家庭でのラスクの作り方ご紹介してあります。パンが残ったら、ぜひ作ってみて下さい。