2010年冬 春を待つ国産小麦

安曇野は寒いのですが、雪はさほど降りません。

降ってもこの程度です。陽がさせば溶けます。

そうは言っても最低気温-5度から8度はざらです。

そんな中、秋に蒔いたシラネ小麦が元気に冬を越しています。

これが実れば、発芽小麦を収穫できます。

ティンカーベルではこうやって国産小麦の試験栽培も自社で行っています。

すべては、美味しいラスクの為、おいしいパンの為です。